『LINEトラベルjp(Web版)』、年末年始の旅行事情を徹底調査!『冬旅ランキング』を公開 ~手軽に行ける国内「ちょい旅」が人気傾向~

株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓)が、LINE株式会社と共同運営する国内最大級の総合旅行情報メディア『LINEトラベルjp』はこの度、「LINEトラベルjp(Web版)」において、年末年始の旅行事情を徹底調査し、この冬の旅のランキングとトレンドを紹介する特集ページ(https://www.travel.co.jp/special/yearend/survey.html)を公開しました。

今年の年末年始は、1/4を休むと最大9連休となり、海外旅行に出かけるチャンスもある日程となりましたが、国内旅行が半数以上を占め、また恋人やご夫婦の旅、お子様と一緒の家族旅行が大多数を占める、例年とほぼ同様の結果となりました。家族が集まりやすい年末年始には、手軽に行ける国内「ちょい旅」が人気傾向にあることがうかがえます。
※主な調査結果は後述にて※

LINEトラベルjpでは冬旅ランキングとともに「年末年始正月旅行特集」も展開しており、アンケート結果も踏まえながら、様々な切り口の旅行を紹介しています。

本調査及び本特集が、年末年始に旅行を計画する際や、年末年始の過ごし方を検討する際に、ユーザーの皆様のお役に立てることを期待しています。

<LINEトラベルjp 冬旅ランキング2018-2019>

【調査について】
目的:旅行に興味を持つLINEトラベルjpのユーザーが今冬の旅行についてどのように計画しているか、その消費動向と影響・実態を把握する。
期間:2018年10月11日(木)~11月12日(月)
方法:インターネット調査。LINEトラベルjpのサイト上にアンケートページを設置。
対象:LINEトラベルjpユーザー。有効回答数1,636
※内訳の比率は、数値を四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります
 
(1)今年の冬旅の予定は?(複数回答)(総回答数:2,026)

【1泊以上の国内旅行】46.0%(昨年比-0.7ポイント)
【日帰りの国内旅行】22.8%(昨年比+2.8ポイント)
【まだ決めていない】13.5%(昨年比+1.1ポイント)
【海外旅行】10.7%(昨年比-2.1ポイント)
【旅行の予定はない】7.0%(昨年比-1.1ポイント)

例年通り、日帰り・一泊以上を合わせた「国内旅行」が約7割。当社が夏に実施した夏旅の調査結果(約6割)と比較して約1割の国内旅行需要増が見受けられる結果となりました。
 
(2)今年の冬旅は誰と行きたい?(複数回答)(総回答数:1,536)

【恋人・夫婦で】30.9%(昨年比-2.0ポイント)
【子供を含む家族親戚】28.3%(昨年比+1.9ポイント)
【1~2人の友人・同僚】13.7%(昨年比-1.8ポイント)
【親】10.7%(昨年比+1.2ポイント)
【ひとり】9.0%(昨年比+0.2ポイント)
【3人以上の友人・同僚】6.5%(昨年比+0.7ポイント)
【まだ決めていない】0.9%(昨年比-0.1ポイント)

数値に若干の変化がみられるものの、恋人やご夫婦の旅、お子様と一緒の家族旅行が大多数を占める結果は昨年と同様。冬の一人旅もあと少しで1割に届くところまで年々微増を続けており、旅行への関心度合いの高まりが見受けられます。
 
(3)一人あたりの予算は?
※下記に記載されているものは上位よりTOP3を抜粋しております。

国内旅行(総回答数:1,131)
【3万円~5万円】24.0%(昨年比-3.1ポイント)
【1万円~2万円】21.9%(昨年比-0.1ポイント)
【2万円~3万円】20.2%(昨年比+0.6ポイント)

海外旅行(回答者数:217)
【10万円~20万円】33.9%(昨年比+1.2ポイント)
【5万円~10万円】22.3%(昨年比-1.7ポイント)
【20万円以上】20.1%(昨年比+0.8ポイント)

国内旅行は例年と変わらず「3万円~5万円」が1位。2位の「1万円~2万円」、3位の「2万円~3万円」は昨年とほぼ横ばい。
海外旅行も、1位「10~20万円」、2位「5~10万円」、3位「20万以上」と例年どおりの順位となりました。
 
(4)旅行の目的は?(複数回答)
※下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております。

国内旅行(総回答数:3,024)
【温泉】25.4%(昨年比-10.7ポイント)
【ご当地グルメ】16.5%(昨年比-5.0ポイント)
【テーマパーク・遊園地】10.2%(昨年比-1.9ポイント)
【お寺・神社・パワースポット】9.5%(昨年ランク外)
【動物園・水族館】6.4%(昨年ランク外)
 

海外旅行(総回答数:599)
【グルメ】20.4%(昨年比+1.5ポイント)
【世界遺産・歴史的建造物・遺跡】19.4%(昨年比+1.4ポイント)
【ショッピング】16.5%(昨年比+0.7ポイント)
【海・ビーチリゾート】16.2%(昨年比-1.5ポイント)
【テーマパーク】5.8%(昨年比+0.9ポイント)

国内旅行の目的は、温泉が4分の1以上を占めて、昨年に続き1位にランクイン。やはり寒い季節には温泉が定番となっているようです。海外旅行の目的は、昨年の結果から順位変動はあるものの1位から4位までが5ポイント以内で拮抗し、「グルメ」「世界遺産」「ショッピング」「海」の4つは外せない旅行目的のようです。
 
(5)(国内旅行)今年の冬旅はどこへ行きたい?(複数回答)(総回答数:3,593)
※下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております。

【東京ディズニーリゾート】6.1%(昨年比+0.3ポイント)
【京都】5.1%(昨年比+0.1ポイント)
【札幌】5.0%(昨年比-0.3ポイント)
【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】4.5%(昨年ランク外)
【箱根】4.2%(昨年比-0.6ポイント)

国内旅行の行先としては、35周年を迎えている「東京ディズニーリゾート」が昨年と同様1位、新たなイベントやアトラクションが続々と登場する「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が昨年のランク外から4位にランクインするなど、寒い季節に関わらずテーマパークは不動の人気のように見受けられます。
 
(6)(海外旅行)今年の冬旅はどこへ行きたい?(複数回答)(総回答数:812)
※下記に記載されているものは上位よりTOP5を抜粋しております。

【ハワイ】9.7%(昨年比-0.5ポイント)
【韓国】6.7%(昨年比-0.9ポイント)
【台湾】6.5%(昨年比-2.3ポイント)
【グアム】5.5%(昨年比+0.3ポイント)
【タイ】5.0%(昨年ランク外)

昨年から順位変動はあるものの「ハワイ」「韓国」「台湾」「グアム」の定番人気旅行先に、今年の冬は昨年の「シンガポール」に代わり「タイ」がランクイン。当社が夏に実施した夏旅の調査結果でも4位にランクインしていることに鑑みると、「タイ」も季節に関わらず人気旅行先として定着してきた様相がうかがえます。
 
 
【データの利用について】
・当ランキングの内容及び結果に関する著作権は、当社に帰属いたします。
・当ランキングを掲載する際は、必ずクレジットを明示くださいますようお願いいたします。
(例)旅行比較サイト『LINEトラベルjp』調べ / 『LINEトラベルjp』が発表した2018年冬の旅行アンケートによると…
・掲載された場合、弊社までご連絡いただくと幸いです。⇒ 広報・取材についてのお問い合わせ
・当ランキングの第三者への有償提供及び無断での複写・複製・転載・要約・改変等を禁止いたします。
・当ランキングは情報の提供を目的としており、データの正確性・確実性・信頼性及び有効性等について、保証するものではありません。
・利用者は、自己の責任において当ランキングを利用するものとし、当社は、当ランキングの利用に関して一切の責任を負いません。

Write a comment