国内最大級の総合旅行情報メディア『LINEトラベルjp』を運営するベンチャーリパブリック 前IBM樋口正也氏を執行役員CDOに招聘

株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区 代表取締役社長:柴田啓)は、この度、前IBM樋口正也氏を執行役員CDO(Chief Digital Officer、最高デジタル責任者)に招聘し、LINE株式会社と共同運営する国内最大級の総合旅行情報メディア『LINEトラベルjp』におけるテクノロジー強化の加速化に向け、始動いたしました。

(左:CEO柴田啓、 中:CDO樋口正也、 右:COO柴田健一)

樋口氏は、IBMで26年間にわたり最先端のテクノロジー分野で16に及ぶ多様な事業を歴任。直近では、AIのパイオニアともなるAI/Watson事業での大きな成功を収め、また、デジタルマーケティングやブロックチェーンに関わる領域の事業責任者として活躍するなど、最新テクノロジーを最大限、ビジネスに有効活用するリーダーかつスペシャリストとして業界を牽引してきました。

ベンチャーリパブリックは、昨夏、LINE株式会社(以下「LINE」)と資本業務提携し、ブランド名を「LINEトラベルjp」に刷新して、Web版での月間訪問数を2,000万へと急成長させ、旅行者の持つタビマエからタビナカ、タビアトまでの様々なニーズに対して一貫して応えられる世界でも類の無いユニークな一大トラベルサービスに成長させるべく、日々邁進しています。

LINEトラベルjpの運営に、樋口氏の最新テクノロジーに関する知見、ビジネス経験を融合させることで、世界のGDPの10%を占めるともいわれる旅行・観光業界においてイノベーションを起こし、消費者・ユーザーの皆様それぞれに最適なご提案ができるサービスを目指してまいります。

 

【新CDO樋口氏のコメント】

ベンチャーリパブリックは、世界的にも注目されている日本の成長産業の一つである旅行・観光業に注力し、LINEとの事業提携によるグループとしての大きな差別化、Game Changerとなる可能性を感じています。また、自分の強みである多様なキャリアでの経験から、事業会社としての経営に関わりたい、テクノロジー/ITを活用する側の立場で顧客にもっとも近いサービスを自ら手がけたい、グローバル企業とはあえて逆の立場で自分の強みを発揮して新しい可能性を創ってみたいという強い思いがあります。LINEトラベルjpの経営に加わり、LINEグループでのシナジー、最新テクノロジーを活用して世界をリードする旅行業界の大きな成長にコミットしていきます。

 

【CEO柴田啓のコメント】

この度は樋口氏を迎え入れることになりとてもわくわくしています。樋口氏はテクノロジーに対する深い理解を持つと同時にテクノロジーのビジネスへの活用法について良く知る希有なビジネスリーダーです。旅行に対する大きな情熱も持っていることより、一体となってLINEトラベルjpにおけるプロダクト・イノベーションをおこし、月間2,000万を超えるユーザーの皆様に喜んでもらえるようなサービスを展開していけることを確信しています。

Write a comment